小さなガラス絵「うずまき」

¥ 30,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料500円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

名刺サイズの可愛いガラス絵です。
前田見知子 作。
額を含めた大きさは13.5×10.4㎝。
どんな場所にも飾って頂けます。

略歴
1980年 ガラス絵に出会う
独自のガラス絵を考案
1981年 京都にて個展
1989年以降 毎年京都・東京・大阪にて個展
1989、1991年 KBS京都TV出演放映
1992年 雑誌「ねっとわーく京都」掲載
1996年 雑誌「B♭」掲載

【ガラス絵について】
ガラス絵は 17世紀に北ヨーロッパに始まり(14世紀にイタリアで始まったという説もあり)、中国(清の時代)を経て、江戸時代の日本に『びいどろ絵』と呼ばれ伝わりました。ガラスの裏面に直接顔料(私は油絵具が主)で描きます。イメージをふくらませ、最初の一筆がそのまま残り、その絵具の後ろ、又後にと重ねていくのです。普通の絵とはまったく逆の手順になりますし(もちろんサインも逆に書きます)、ガラス自体の光沢と絵具が一体となって、華麗で新鮮な色彩が浮かび上がってきます。普通の絵のフィニッシュの一筆が、最初にガラスにおく一筆になるのです。画面に空気が触れないので汚れも変色もなく、表面を磨けば、今塗ったような艶やかさで絵が生き返ってきます。現に200年前のガラス絵も実に美しく残っています。画面にあたる光が多くなると俄然色が輝き出し色に艶が出て冴えてきます。